豊田市自然観察の森 > 森の自然

2017年05月のトピックス

1列に並んで 2017年05月31日
クロコノマチョウの幼虫
ヨシの湿地に生えているササの葉に幼虫が一列に並んでいるのを見つけました。クロコノマチョウの幼虫です。頭に黒い角のような突起が2つあるのがわかるでしょうか。写真のようにササの葉が食べられた跡、食痕(しょっこん)を目印に生きものを探してみるのもよいかもしれません。
文:田島 撮影:田島
撮影場所:ヨシの湿地
ちゅんちゅんちゅん 2017年05月30日
スズメの成長と幼鳥
スズメがきょろきょろしながら必死にエサとなる昆虫などを探しています。頭上のヤマザクラの枝では3羽の幼鳥が待っています。何度か給餌された後、幼鳥も地面に降りて何かを探すしぐさをしはじめました。ひとりだちまでの短い間にたくさんの生き残るすべを学ばなければいけません。
文:小池 撮影:小池
撮影場所:ネイチャーセンターつどいの広場
ちっちゃなからだででっかい旅立ち 2017年05月28日
アズマヒキガエル 幼体
「待って!」先を行くレンジャーを呼びとめます。足元に無数にうごめく小さな黒点は、おたまじゃくしに四肢が生えて上陸したばかりのアズマヒキガエル。危うく踏むところでした。数年で15cmをこえるまで成長する個体もいますが、今は小指の爪ほどしかありません。
文:小池 撮影:小池
撮影場所:シダの交差点からヒキガエルの交差点
新世界 2017年05月27日
シロスジカミキリ
アラカシの幹に空いた穴。のぞいてみると中からもこちらをのぞいている顔がありました。シロスジカミキリの新成虫です。樹から外に出るため、大きなアゴで幹を削っている最中のようです。卵から成虫になるまで樹の中で過ごしたカミキリが生まれて初めて見る外の世界はどのように見えているのでしょうか?
文:山下 撮影:山下
撮影場所:ヤブムラサキの交差点からオオルリの交差点
星型の白い花 2017年05月26日
テイカカズラ
ネイチャーセンターを出てすぐのつどいの広場ではテイカカズラの花が咲いています。木の枝から垂れ下がっている様子は、まるで白い流れ星が降ってきているようにも見えます。
甘い香りも漂わせているので、見るだけでなく香りも楽しむことができます。
文:田島 撮影:田島
撮影場所:つどいの広場
かわいい迷子のお客さま 2017年05月25日
ヒメネズミ
研修室の物陰で震えていたのはヒメネズミ。500円玉より少し大きいくらいの、森林にすむネズミの仲間です。樹上でも活動するので、換気孔などから迷い込んでしまったのかもしれません。水や種実類などをごちそうするともりもり食べました。天気が回復したら森にはなそうと思います。
文:小池 撮影:小池
撮影場所:ネイチャーセンター
見事です!! 2017年05月23日
スイカズラ
トンボの湿地のスイカズラが花を咲かせていました。今年は花の付きが良く、大変見事です。周囲には風にのって甘い香りも漂ってきています。森の中ではスイカズラをはじめテイカカズラやネジキなどこの時期多い白い花々を見ることができます。
文:山下 撮影:大熊
撮影場所:トンボの湿地
湿地の中からにょろにょろと 2017年05月21日
ニホンマムシ
トンボの湿地の中からニホンマムシが出てきました。毒ヘビの代表とされています。暖かくなってきたので日光浴でもしにきたのでしょうか。おとなしいヘビですが水辺には特に多いようなので、皆さんも水辺に行った際は足元に注意しましょう。
文:田島 撮影:田島
撮影場所:トンボの湿地
ダイミョウセセリ、産卵中 2017年05月20日
ダイミョウセセリ
黒い漆に白蝶貝で螺鈿細工をほどこしたようなチョウ、ダイミョウセセリが木陰をひらひらととんでいました。細く不安定なヤマノイモの茎にとまっては風に揺れて振り落とされています。ヤマノイモは幼虫の食草です。産卵かな、と近寄ってみると、やはり、卵がありました。
文:小池 撮影:小池
撮影場所:シダの交差点からヒキガエルの交差点
エゴノキの星 2017年05月19日
エゴノキ
今年もエゴノキの花が咲く時期になりました。白い花が鈴なりに付く様子は空から星が零れ落ちてくるようでとてもロマンチックです。地面にも多くの花びらが落ちているので上を見ても下を見ても花を楽しむことができます。
文:山下 撮影:小池
撮影場所:ネイチャーセンターつどいの広場
3本の白い帯 2017年05月17日
コミスジ
黒と白のコントラストが美しいチョウを見つけました。コミスジです。開いた翅(はね)の白い帯模様が「三」の字に見えることが「ミスジ」の由来となっているようです。滑空という数回羽ばたいては水平に翅を広げて一瞬停止する飛び方からも、白い帯をはっきり見ることができます。チョウの飛び方にも注目して探してみるとよいかもしれません。
文:田島 撮影:田島
撮影場所:ヒキガエルの交差点からヒメタイコウチの交差点
殿様が遅れてやってきた! 2017年05月14日
トノサマガエル 卵塊
2016年は4月10日、2015年は4月22日に初確認し、今年はいったいいつ、とやきもきしていたトンボの湿地のトノサマガエルの卵。例年より一か月ほど遅い5月12日の朝にようやく、複数の卵塊を確認しました。鳴き声も聞こえていたので、もしかしたらもう少し増えるかもしれません。
文:小池 撮影:小池
撮影場所:トンボの湿地
子育てをする昆虫 2017年05月13日
ヨツボシモンシデムシ
橙色が美しいこのコウチュウはヨツボシモンシデムシ。シデムシは死出虫と書き、生き物の死がいを食べます。この個体もペアと思われるもう一頭と一緒にヒミズの死がいの上にいました。ペアで肉団子を作り地中に運びそこで育児をするという、コウチュウには珍しい習性を持っています。
文:小池 撮影:小池
撮影場所:ダルマガエルの交差点から寺部池観察デッキ
本格的なトンボの季節がやってきました 2017年05月12日
アジアイトトンボ(未成熟メス)とモートンイトトンボ(未成熟メス)
イトトンボの仲間たちが盛んに飛び回っています。写真の2種の未成熟個体(メス)は美しい橙色ですが、成熟すると黄緑系の色あいになります。多くの種類のトンボで未成熟個体と成熟個体の体色が異なり、美しいものですが、種を特定しなければいけない場面では悩ましい特徴です。
文:小池 撮影:小池
撮影場所:モロコの交差点
水の中で育ちます 2017年05月11日
ヒゲナガハナノミ
モロコの交差点近くの枯草に多くのヒゲナガハナノミを見ることができました。こう見えて幼虫の時代は水中で過ごすため成虫も水辺近くで見られます。ヒゲナガハナノミは雌雄で色が異なりオスは茶色、メスは黒色をしています。ほとんどはオスでしたがメスも数匹おり、メスは全てオスとカップルになっていました。
文:山下 撮影:山下
撮影場所:モロコの交差点
声を頼りに 2017年05月10日
キビタキ
このシルエットの鳥は何でしょう。正解は夏鳥であるキビタキです。高らかにさえずりながら近づいてきました。顔の一部やお腹のあたりが黄色いのがわかるでしょうか。
曇りや雨の日の森は暗いですが、野鳥たちの声は聞こえてきます。耳を澄まし鳴き声を頼りに探してみると、新たな出会いがあるかもしれません。
文:田島 撮影:田島
撮影場所:エナガの交差点からレキの交差点
赤く萌えています 2017年05月09日
アカメガシワ・タブノキ
赤い若葉が美しく萌え出ています。この赤はアントシアニンという色素の色で、抗菌作用などがあることがわかっていますが、なぜ若葉が赤くなる木があるのかについてはよくわかっていないようです。写真でご紹介した二種のほかにも若葉が赤い木が森に何種かあります。
文:小池 撮影:小池
撮影場所:ネイチャーセンター・オオルリの交差点
よく見てみると 2017年05月07日

トンボの湿地で耳を澄ましてみるとカエルたちの鳴き声がします。じっくり見てみたところ、ピョンピョンと動く生きものを発見。ニホンアカガエルです。渡ってきた夏鳥たちのさえずりが盛んに聞かれている時期ですが、カエルたちも負けていません。
文:田島 撮影:田島
撮影場所:トンボの湿地
赤い昆虫たち 2017年05月06日

この時期森の中を飛ぶ赤い昆虫。目立つ赤い体からすぐに名前を知ることができそうですが、その正体を知るのは至難の業です。写真の左側はアカハネムシの仲間、右側はニホンベニコメツキです。どちらもベニボタルという毒を持つ昆虫に擬態して鳥などの敵から身を守っています。擬態される側のベニボタルにも種類があるため、赤い昆虫の名前を知ることはなかなか難しいのです。
文:山下 撮影:山下
撮影場所:シダの交差点
ツクバネウツギが見ごろです 2017年05月04日

妖精のトランペットのような可愛らしい白い花が見ごろを迎えています。ツクバネウツギの名は果実がお正月の羽根つきの衝羽根(つくばね)に似ていて、ウツギに木の姿や葉などが似ていることからついたそうで、ウツギと名前についていても幹は中空ではないのだそうです。
文:小池 撮影:小池
撮影場所:ヤブムラサキの交差点からアベマキの交差点-1
葉裏にかがやく金色 2017年05月03日
セモンジンガサハムシ
アズキナシの葉の裏に目を向けてみると、金色にかがやく虫がいました。セモンジンガサハムシという植物の葉などを食べる葉虫(ハムシ)の1種です。背にX字の斑が見られます。ハムシが活発に動くのは植物が芽吹き、葉が茂る春から初夏のころです。身近な場所で葉を観察すると、きれいなハムシに出会えるかもしれません。
文:田島 撮影:田島
撮影場所:ネイチャーセンターの交差点
あなたの服にも… 2017年05月02日
イボヒラタカメムシ
最近、森を歩いて帰ってくると服に“ある”小さな生き物がくっついていることがあります。イボヒラタカメムシという5ミリほどの平べったいカメムシなのですが、この時期活動が活発になるため気づかない間にくっついてしまうようです。森の中では倒木の上にいるところを見かけます。
文:山下 撮影:山下
撮影場所:シダの交差点からエナガの交差点

豊田市自然観察の森 > 森の自然