豊田市自然観察の森 > 森の自然

2018年01月のトピックス

冬を越える厳しさ 2018年01月31日
ツヤアオカメムシ
黄緑色のこちらの昆虫はツヤアオカメムシです。森で見られるカメムシの中で冬の時期、一番見かける種類です。今日出会った個体は暖かな陽だまりにいましたが、すでに死んでしまっているものや他の生き物に食べられた残骸が落ちているところもよく見かけます。冬を越えることは生き物にとってまさに命がけです。
文:山下 撮影:山下
撮影場所:ネイチャーセンター
ビフォー・アフター 2018年01月30日
ジャノヒゲ
厳しい寒さが続き、森で見かける小鳥たちは体温を保持するため必死に食べるものを探しています。残っていた木の実や草の実は目に見えて数が減ってきました。写真はジャノヒゲの同じ株を撮影したものですが、約1か月ですっかり食べつくされています。小鳥たちにはあと少し耐え抜いてほしいです。
文:小池 撮影:小池
撮影場所:ヒキガエルの交差点からヒメタイコウチの交差点
ひょこっとこんにちは!! 2018年01月28日
コゲラ
観察路沿いで「ギーッ」という声と木を叩く音が聞こえてきました。正体は日本で一番小さなキツツキであるコゲラです。樹皮をはぎながら夢中になって餌を探しています。たまに木の裏からひょこっと顔を出してくれる様子が可愛らしく、思わずこんにちはと挨拶してしまいました。はたしてこちらには気づいているのでしょうか。
文:田島 撮影:田島
撮影場所:マツボックリの交差点からヤマグリの交差点
こちらはコカマキリです 2018年01月27日
コカマキリの卵のう
1月に入り、チョウセンカマキリ、オオカマキリと森でよくみられるカマキリの卵のうを紹介してきました。本日はコカマキリの卵のうを紹介します。チョウセンカマキリの卵のうに似ていますが小さく、ネイチャーセンターから森へ続く回廊の手すりの部分に産み付けられていました。このほかにもスギなどの樹皮の間や木材の隙間などで見られます。
文:山下 撮影:山下
撮影場所:ネイチャーセンター
少しも寒くないわ 2018年01月26日
雪の結晶
夜が明けて、一面の銀世界に驚きました。空気が冷え切っていたためか、雪はさらさらで、風が吹くたびにひらひらと舞います。ネイチャーセンターのデッキ部分では朝日を浴びて雪が輝き、大きな結晶が肉眼でも観察できました。いつまでも見飽きませんが、ゆっくり見るにはしっかりした防寒が必要です。
文:小池 撮影:小池
撮影場所:ネイチャーセンター
足跡の犯人は? 2018年01月25日
タヌキ
今日の森はうっすら雪化粧。こんな日は動物たちの残した跡がよりはっきり残されています。ネイチャーセンターではタヌキの足跡が残されていました。いったい何をしていてどこへいったのでしょうか。雪が積もると、普段出会うことの少ない動物たちの生きている姿を改めて感じることができます。
文:田島 撮影:田島
撮影場所:ネイチャーセンター
子供のカモシカ 2018年01月24日
ニホンカモシカ
ニホンカモシカがよく見られる岩の上に昨日もカモシカが現れました。小さな体と幼さの残る顔から昨年生まれの子供のようです。よく見ると額に小さな角が生えていました。初めての冬を無事に乗り越え、暖かい春を迎えてもらいたいと思いました。
文:山下 撮影:小池
撮影場所:ヒメタイコウチの交差点からセミの交差点
鋭い眼差し!! 2018年01月23日
ハイタカ
上池の上空をふと見上げてみると、どこからともなく1羽の猛禽類が飛んできました。遠くの枯れ枝に止まったので双眼鏡でのぞいてみたところ、ハイタカでした。鋭い眼差しでこちらを向いています。その後、周りをキョロキョロ見渡したり、小鳥を追いかけ飛び回っていました。はたして獲物にありつくことはできたのでしょうか。
文:田島 撮影:田島
撮影場所:上池
セキレイの三種盛り合わせ 2018年01月21日
セグロセキレイ、ハクセキレイ、キセキレイ
寒い朝ですが、日ざしがあれば暖かく感じます。波紋がキラキラ輝くモロコの交差点休耕田で、キセキレイ、セグロセキレイ、ハクセキレイが食事をしていました。食事場所を独占したいのかときどき小競り合いが起きていましたが、飛び去ることはなく、可愛らしい姿をじっくりと観察できました。
文:小池 撮影:小池
撮影場所:モロコの交差点
倒木の中の宝石 2018年01月20日
ナガニジゴミムシダマシ
観察会の下見のためにセンター近くにある丸太になった倒木の樹皮をはがしてみると、虹色に輝く昆虫を見つけました。ナガニジゴミムシダマシという昆虫で成虫で越冬をします。宝石のような昆虫をみつけられてうれしかったのですが、越冬中をお邪魔してしまったのではがした樹皮をそっと戻しておきました。
文:山下 撮影:山下
撮影場所:ネイチャーセンターつどいの広場
あちこちに稲荷寿司! 2018年01月19日
オオカマキリ
1月9日にも紹介しましたが、冬はカマキリの卵のうが観察できる良い季節です。今回はオオカマキリが産み付けた卵のうを発見しました。まるで小さな稲荷寿司のような形をしていて、探してみると枯れた草の茎のあちこちに産み付けられていました。森の中では他にコカマキリの卵のうも見られます。種類によって形や大きさ、産む場所も異なるので探してみてください。
文:田島 撮影:田島
撮影場所:つどいの広場
メジロの行水 2018年01月18日
メジロ
間近に迫ったカエルの産卵シーズンに備えて、湿地につもった落ち葉をかき出しました。やってきたのは、カエルではなくメジロです。先週は寒波の影響で結氷していたので「入浴」したかったのでしょうか、何度もからだを振るわせて、どことなくさっぱりした顔をしているようにも感じました。
文:小池 撮影:小池
撮影場所:ミズギボウシの湿地
冬枯れの中、鮮やかに 2018年01月17日
ウスタビガ
森の中は落葉などで緑は少なくなっています。そんな中、鮮やかな緑色の繭を見つけました。仕業の主はウスタビガです。成虫は秋の紅葉の進んだ時期に繭の中の蛹から羽化します。出てきた成虫には口がなく、繁殖のためだけに活動するので驚きです。はたしてこの個体は無事に羽化することができたのでしょうか。
文:田島 撮影:田島
撮影場所:エナガの交差点からレキの交差点
春の陽気に誘われて 2018年01月16日
ムラサキシジミ
数日前からの暖かい陽気に誘われて越冬中のムラサキシジミが姿を現しました。陽だまりの中をヒラヒラと飛んだり、ハネを広げて日光浴を行っていました。来週には寒くなる様子なのでまた私たちの目の届かないところに姿を隠してしまいそうです。
文:山下 撮影:山下
撮影場所:トンボ池の交差点からヤマグリの交差点
春遠からじ? 2018年01月14日
シジュウカラ
昨夜降った雪が残る冷え込みの厳しい朝、気温とうらはらに、春を感じさせるシジュウカラのさえずりが響きました。すぐ近くには巣箱もありますが、少しばかり気が早いように思えます。しばらくするとメスがやってきましたが、さえずりを聞いて来たのか、ただ食べ物を探しに来たのか、はてさて、どちらでしょう。
文:小池 撮影:小池
撮影場所:ネイチャーセンター
朝日に照らされて 2018年01月13日
霜
ここのところ寒い日が続いています。百葉箱の最低気温は昨日が‐6.2℃、今日は‐4.9℃と今季で最も低くなっています。寒い寒いと思う毎日ですが、霜が降りた朝には植物はうっすらと白く染まったかのように、いつもと異なる姿を見せてくれます。日光にあたりキラキラ輝く様子を眺めていると、すっかり寒さを忘れてしまいました。
文:田島 撮影:田島
撮影場所:ネイチャーセンター
やったー!見つけました! 2018年01月11日
ウラギンシジミ
成虫で越冬するウラギンシジミというチョウがいます。毎年どこかの常緑樹の葉っぱの裏で見られるのですが、今季はまだ見つけられていませんでした。レンジャー2人で森の中を捜索すること1時間30分。ようやく一匹見つかりました。苦労して見つけたチョウはいつもより輝いて見えました。
文:山下 撮影:山下
撮影場所:ネイチャーセンターの交差点からヤブムラサキの交差点
こちらも驚きました 2018年01月10日
シロハラ
地表で食べ物を探す姿をよく見るシロハラですが、人間が近付くと樹上に逃げることもあります。追い払いたいわけではないのに進行方向にシロハラが隠れていたため結果的に驚かせてしまい、あの金属音のようなキョキョキョッという声とともに樹上で警戒され、なんだか情けないような気持になりました。
文:小池 撮影:小池
撮影場所:セミの交差点からヒメタイコウチの交差点
産卵のミステリー 2018年01月09日
チョウセンカマキリ卵のう
昨年設置したチョウセンカマキリの産卵場にたくさんの卵のうが産みつけられています。チョウセンカマキリは、この森では人工物に産卵する傾向が強いのですが、調べてみると、他では必ずしもそうとは言えない場合もあるようです。カマキリが一体どういう基準で産卵場所を選んでいるのか、とても気になります。
文:小池 撮影:小池
撮影場所:トンボの湿地
葉の裏でひっそりと 2018年01月08日
ヒゲナガサシガメ
冷たい雨の中、雨宿りしている生きものはいないかなと葉の裏をのぞきこみながら森の中を歩いていると、ヤツデの大きな葉の裏でじっとしている昆虫を発見。ヒゲナガサシガメの幼虫でした。体は派手な色ですが、細長いためよく見ないと見落としてしまいそうです。春になると成虫となって、樹上で生活しながら他の昆虫を捕まえて体液を吸います。寒い冬を無事に越してもらいたいものです。
文:田島 撮影:田島
撮影場所:シダの谷
朝ごはん 2018年01月07日
コガモ
早朝、調査のために上池に向かうと30羽ほどのコガモの群れが水際で採食をしていました。水面に浮いた植物の種子などをくちばしでこしとって食べるのですが、くちばしに水を含むチュクチュクという音が対岸まで聞こえてきました。写真では中央右にいるメスのコガモがくちばしを水面につけて採食しています。
文:山下 撮影:小池
撮影場所:上池
枝の隙間でじーっと 2018年01月06日
カルガモ
寺部池の水面に倒れこんだ木の枝に2羽のカモを見つけました。カルガモです。凍りつきそうな寒い中、顔を背中に隠してじーっと休んでいました。しばらく観察してみましたが、なかなか顔を出してはくれませんでした。池の岸の近くでは、他にも数種類のカモの休憩している姿や泳ぐ姿、餌を食べる姿も見ることができるのでじっくり観察してみてください。
文:田島 撮影:田島
撮影場所:寺部池
あけましておめでとうございます 2018年01月05日
ヤマハゼの実を食べるルリビタキ
休み明けの森を見まわると、ヒヨドリ、メジロ、エナガ、シジュウカラ、ヤマガラ、コゲラ、ウグイス、アオジ、クロジ、シロハラ、モズ、ジョウビタキ、写真のルリビタキ(ヤマハゼの実を食べています)とたくさんの鳥たちが出迎えてくれました。人間のいない森を満喫していたのでしょうか。
文:小池 撮影:小池
撮影場所:シダの谷

豊田市自然観察の森 > 森の自然