豊田市自然観察の森 > 森の自然

2018年03月のトピックス

踊るウグイス 2018年03月31日
ヤマウグイスカグラ
ヤマウグイスカグラがひっそりと咲いています。よく「カズラ」と間違われてしまうのですが、鶯神楽(うぐいすかぐら)です。雅やかな名の由来には諸説あり、鶯隠れ(うぐいすがくれ)が訛った、実をついばむウグイスが神楽を舞っているように見えた、などとさまざまにいわれています。
文:小池 撮影:小池
撮影場所:シダの交差点
気付いてますよ! 2018年03月30日
クロコノマチョウ
シダの谷で大きなチョウがひらひらと飛んでいるのを見つけました。近くの地面に舞い降りたのでじっくり探してみたところ、正体はクロコノマチョウでした。翅は突起が多く、形や色が落ち葉のように見えます。隠れ上手なチョウですが、見つけられたことに少しだけ嬉しさがこみ上げてきました。
文:田島 撮影:田島
撮影場所:シダの谷
キラキラのハネ 2018年03月29日
シオヤトンボ
暑いほどの日差しを受けてヨシの湿地ではシオヤトンボが飛んでいました。シオヤトンボは春一番に羽化をするトンボです。まだ柔らかいハネをキラキラと輝かせて飛ぶ姿はまるで春を連れてきた妖精のようでした。
文:山下 撮影:山下
撮影場所:ヨシの湿地
ホットな花畑 2018年03月28日
コバノミツバツツジ
天気予報通り昼過ぎには25℃近い気温となりました。先週やっとほころび始めたコバノミツバツツジはあっという間に満開です。写真を撮っていると、からだにしっかり花粉をつけたクマバチやキタキチョウなどがひっきりなしに吸蜜に訪れていました。この様子だと数日の内には盛りが過ぎてしまいそうです。
文:小池 撮影:小池
撮影場所:マツボックリの交差点からレキの交差点
薹が立つ=花ざかり 2018年03月27日
フキ(ふきのとう)
フキの花茎(ふきのとう)が伸びていました。いわゆる「薹(とう)が立った」状態ですが、食べることに主眼を置いた言葉なので、薹(花茎)が立つと花は満開となります。伸びためしべに花粉がつき黄色くなっていますが、これは雄株で結実はせず、自分の花粉をつけためしべを伸ばすことで、やって来た昆虫などに花粉をつけやすくしているようです。
文:小池 撮影:小池
撮影場所:シダの交差点からヒキガエルの交差点
花の匂いは? 2018年03月25日
クロモジ
ほころび始めた冬芽を囲むようにクロモジの小さな黄色い花が咲いていました。クロモジは材が高級楊枝として使われるなど枝を折るとよい香りがすることで有名です。では花はどのような香りがするでしょうか?もし森で見かけたら匂いを嗅いでみてください。
文:山下 撮影:山下
撮影場所:セミの交差点からヒメタイコウチの交差点
オスもメスもかわいいです 2018年03月24日
ビロウドツリアブ オス メス
ふわふわ毛玉のビロウドツリアブがあちこちで見られるようになりました。暖かい場所ではブーンという羽音が何重奏にも聞こえます。このビロウドツリアブを含め、アブの仲間の多くは目(複眼)の位置でオスとメスを見分けることができます。写真を見て、どう違うかわかるでしょうか?
文:小池 撮影:小池
撮影場所:シダの交差点からヒキガエルの交差点
サクラよりも一足お先に 2018年03月23日
シデコブシ
東海丘陵要素植物(※)の一つであるシデコブシが花を咲かせていました。毎年サクラの開花よりも少し早く咲き始めるので現在5分咲きほどです。柔らかいピンク色の花弁は、まだ少し冷たい春風に揺られていました。※主に東海地方の丘陵地にある湿地やその周辺の痩せた土地などに生育する植物
文:山下 撮影:山下
撮影場所:シダの谷
起きてきたよ 2018年03月22日
センチコガネ
センチコガネは成虫越冬を行う昆虫です。越冬から目覚めてすぐなのか体には土が付き、行動もゆっくりとしていました。昨年は11月くらいまで活発に活動しているところを見ているので実際に越冬している時間は短いのかもしれません。
文:山下 撮影:山下
撮影場所:ネイチャーセンター
ガラスにピタッと! 2018年03月21日
アシブトチズモンアオシャク
ネイチャーセンターのガラス窓でアシブトチズモンアオシャクを見つけました。アオシャクというガの仲間は緑色の翅が最大の特徴です。雨にぬれることなくじっとしていました。4月から9月頃まで出現するようなので、羽化したばかりの個体でしょうか。降り続く雨の中、森の生き物たちは静かに雨宿り中です。
文:田島 撮影:田島
撮影場所:ネイチャーセンター
催花雨 2018年03月20日
ヤブツバキ
この時期に降る長雨は催花雨(さいかう)と呼ばれます。春の雨は植物を成長させ、開花を誘うものとしてこのように呼ばれるようです。人間にとって煩わしく感じる雨も森の生きものにとっては恵みの雨。森の中ではヤブツバキがしっとりと花を咲かせていました。
文:山下 撮影:山下
撮影場所:ヤブムラサキの交差点からオオルリの交差点
やり手です ショウジョウバカマ 2018年03月18日
ショウジョウバカマ
花粉の媒介者が多くはない時期に咲き始めるショウジョウバカマは、つぼみの時期から柱頭(めしべの先端の花粉を受け取る部分)を外に出し他家受粉(別の個体の花粉を受粉すること)を待ちます。花が開くとおしべが出てきて自家受粉(自分の花粉を受粉すること)もできます。さらには葉の先から芽が出て自分の分身を作ることもあります。
文:小池 撮影:小池
撮影場所:シダの谷
大きくなっています! 2018年03月17日
ヨコヅナサシガメ
1月末に紹介したアベマキの木で越冬していたヨコヅナサシガメ。どうなっているのかなと見てみたところ、集団でじっとしていました。数は少なくなっていたものの、体は以前より大きくなっています。越冬してしばらくすると羽化するようですが、無事に旅立ちはじめたのでしょうか。春の陽気に誘われて、越冬していた生き物たちも活動し始めています。
文:田島 撮影:田島
撮影場所:つどいの広場
隠れ上手 2018年03月16日
キジバト
地面の上で何か動いたなと思うと、キジバトがエサを探しているところでした。鱗模様をした翼、首の後ろにある青と黒の縞模様など美しい羽色をしていますが、近づくまで存在に気づきませんでした。自然の風景にうまく溶け込み、天敵から身を守っています。
文:山下 撮影:山下
撮影場所:ネイチャーセンター駐車場
新一年生 2018年03月15日
アズマヒキガエル
2月25日に観察路の修繕で掘り出してしまったニホンアカガエルを紹介しました。今日また掘り当ててしまったのはアズマヒキガエル。鼻先からお尻までの長さが約12cmにもなる大きなカエルですが、今日見つかったのは4cm、昨年誕生した個体と思われます。まだまだぼんやりしていたので、落ち葉に隠すように逃がしました。
文:小池 撮影:小池
撮影場所:ネイチャーセンター
声の主は? 2018年03月14日
マヒワ
ネイチャーセンターの近くで聞き覚えのない鳥の声が聞こえてきました。数羽で「チュルチュル」と鳴き交わしています。声の主はマヒワでした。スギの木のてっぺんで頭を突っ込んでは実を食べていました。全身の黄色がとても鮮やかです。夢中なようでなかなか顔をあげてくれず、撮れたと思ったらすぐどこかへ飛んで行ってしまいました。
文:田島 撮影:田島
撮影場所:ネイチャーセンターの交差点
黄色いポンポン 2018年03月13日
ヒメカンスゲ
ヒメカンスゲの花が目立つようになってきました。茎の天辺でチアリーダーが持つポンポンのような姿をしているのが雄花、茎の途中にくっついている糸くず状のものが雌花です。春の森の中、茶色い落ち葉の林床をいち早く彩っています。
文:山下 撮影:山下
撮影場所:ネイチャーセンターの交差点
寝ぐせではありません 2018年03月11日
エナガ
7日にも紹介したエナガ。この写真の個体、尾羽が曲がっているのがわかるでしょうか?丸い身体から長く伸びた尾を柄杓(ひしゃく)に見立てて「柄長(えなが)」という名がついたのですが、巣で卵を温めるにはその長い尾が少々邪魔になるようで、春になり抱卵が始まるとこのように尾が曲がったエナガを見かけます。
文:小池 撮影:小池
撮影場所:マツボックリの交差点
アズマヒキガエル産卵 2018年03月09日
アズマヒキガエル 卵塊
ニホンアカガエルに続いてアズマヒキガエルの産卵を確認しました。昨日は一日激しい雨でしたので、雨が上がった早朝に産卵したのでしょうか。アズマヒキガエルといえばオスたちがメスを取り合うカエル合戦が有名ですが、風に波立つ水辺に卵塊が残されているだけで、成体の姿は見当たりませんでした。
文:小池 撮影:小池
撮影場所:シダの交差点からヒキガエルの交差点
まんまるだけど、軽い身のこなしです! 2018年03月07日
エナガ
つどいの広場でせわしなく木々を飛び回るエナガの群れに出会いました。「ジュリリジュリリ」と鳴きながら、餌を食べています。首のくびれがあまりなく、丸くてかわいらしい姿です。このエナガは日本では2番目に軽い鳥で体重は8 g(1円玉8枚)ほどしかありません。スズメの体重が24 g(100円玉5枚分)程度ですから、とても軽いことがわかります。見た目とは異なり素早く動き回れるのは、この軽さのおかげなのでしょうか。
文:田島 撮影:田島
撮影場所:つどいの広場
カナヘビの目覚め 2018年03月06日
ニホンカナヘビ
カサカサという音を頼りに地面を探してみると小さなニホンカナヘビを見つけました。冬眠明けで警戒心が強いのかすぐに落ち葉の中へ隠れてしまいましたが目はしっかりとこちらを見ています。昆虫に続き、爬虫類も冬眠から目覚めはじめています。
文:山下 撮影:山下
撮影場所:ヤブムラサキの交差点からオオルリの交差点
ほころびました 2018年03月04日
ヒサカキとハエの仲間
いつも森の中でいち早く春の訪れを告げてくれるヒサカキの花。この春一番の暖かさを記録した今日、ついに開花を確認しました。よく見るとハエの仲間でしょうか、何か昆虫が来ているのもわかりました。この時期の森は瞬きの間に変化していきます。
文:小池 撮影:小池
撮影場所:ネイチャーセンター
春の訪れ 2018年03月03日
テングチョウ
春の陽気に誘われて越冬していたテングチョウが姿を現しました。ハネを広げて日光浴をしている姿はとても気持ちよさそうです。また本日はウグイスの「ホーホケキョ」というさえずりも確認することができました。春の訪れを動物たちも喜んでいるようです。
文:山下 撮影:水野
撮影場所:シダの交差点からヒキガエルの交差点
うきうき浮き沈み 2018年03月02日
ニホンアカガエル 幼生(おたまじゃくし)
今季は寒さが続いたせいかなかなか数が増えなかったニホンアカガエルの卵塊ですが、ここ数日の気温の上昇でどっと増え始めました。ひと月まえ、一番最初に産まれた卵は発生が進み、まるで海藻のひじきのような小さな幼生(おたまじゃくし)に成長して、水の中を上へ下へと泳いでいます。
文:小池 撮影:小池
撮影場所:シダの交差点からヒキガエルの交差点
意外と見つかりにくい! 2018年03月01日
トラツグミ
昨日紹介したモロコの交差点では、1羽のトラツグミもやってきています。積雪のある地方のものは冬に暖地へ移動するようです。今年は2月6日からモロコの交差点で確認されています。休耕田や木の上で休んでいる様子が観察できたのですが、体のトラ模様は自然に溶け込んでいて、カメラでとらえるのに一苦労でした。
文:田島 撮影:田島
撮影場所:モロコの交差点

豊田市自然観察の森 > 森の自然